無料でクイズ・パズル・検定などが楽しめる「集まれ!クイズサーバー」

フライパンの呪い かわいそうななぞなぞさん
Facebook 集まれ!クイズサーバー 公式ページ twitter 集まれ!クイズサーバー 公式アカウント LINE 集まれ!クイズサーバー 公式チャンネル YouTbe キュービック公式チャンネル

当サイトについて

クイズサーバーってなんだ?

日本人はクイズが好きな国民?

もしこう言われれば多くの人が、そうかもしれないなぁ…、と思うのではないでしょうか? んじゃ、日本以外の国でクイズってどれくらいやられているの? とかって実際はほとんど知らないですよね。英国なんかでは盛んなようですが、いずれにせよ、なんとなくですけど、クイズのテレビ番組も結構あるし、大学や高校にクイズ研究会なんてものもあるということくらいは聞いているし、電車に乗ったりしていると「さて問題です…」的な広告も多い。

この「クイズサーバー」は、なんとなくクイズってオモシロイね、楽しいね、人気あるコンテンツだよねと思っている私たち(実際はクイズでお仕事をしているキュービックという会社)が、とにかくいろんな形のクイズを楽しんでもらおう!というノリで始めることにしました。

企画について話し合いをしているうちに、「クイズだけじゃあねぇ…。もっといろんな形で提供できないかなぁ…」と誰かが言い出し、「では、パズルも」「最近は検定とか言うぞ…」とか、「いやいやもっと取材とかインタビューとか読み物記事もあったほうがよくないか?」「子供向け、大人向けとかも考えよう…」などと話は盛り上がり、膨らみ…。

あまりにいろいろアイデア出過ぎて、ま、ひとまずスタート時点でのコンテンツはこのあたりで…、あとは随時追加していくようなサイトにしましょう!とまとまって、いざスタートと相成りました。

お茶の間で楽しんだクイズ番組

日本人のクイズ好きの話を冒頭に書きましたが、やはりクイズが好きな人が多そうに感じるのはテレビ番組のせいなのでしょう。現在は、一般の人(タレントさんではない、いわゆる素人さん)が参加できるテレビのクイズ番組は減ったようですが、過去にはかなりたくさんありましたし、名番組、長寿番組、伝説の番組なんてのもありました。

お茶の間で(お茶の間って言葉まだありますか?)家族でテレビを囲んで、出題されるクイズに、出演している解答者達よりも早く答えたお父さんを、やっぱりスゴイ!と見直したり、親戚のオバサンが割り込んできて「この人、こんなことも知らんのかいな、アホやなぁ…」なんて言いながら楽しんでいたのを懐かしく思い出します。

もう何十年も前になりますが、日本テレビに「アメリカ横断ウルトラクイズ」という大ヒットしたクイズ番組がありました。それまでのクイズ番組の歴史を変えたと言ってもいい番組です。おそらく今でも伝説の番組なのでしょう。当時主に大学生だった人たちが、参加者となってアメリカ大陸を横断しながらクイズで闘う姿に(またその姿をドキュメンタリー風に演出していたんですね)コーフンしました。まだアメリカは遠い国だったかもしれません。バブルが始まる前でした。

そう、クイズが「競技」であることをこのとき私たちは知ったのです。それまではなんとなく競争はしているものの別に負けても悔しがる風もなく、勝っても冷静…、というような印象を持っていたのが、この番組で大きく変わりました。スポーツを見るのと同じように、クイズの勝ち負けにもドラマがあることを知ったのです。

競技としてのクイズ

「早押し」というクイズのスタイルがあります。これは日本特有の出題方法だそうです。最もクイズが「競技」らしく見える出題方式ではないか?と思うのですが、日本語文法上の語順からこの早押しという出題方法は成立していると聞きました。確かに英語は先に疑問詞がきますから、早押しはやりにくい…、らしいです。

しかし、この早押しの出題形式が、一般視聴者が参加するテレビ番組の減少を招いたのではないか?と言えなくもない。まあ、一方で若者のテレビ離れとか、もっと他にもいろいろ楽しいことがあるし…、なんですけど、なんというか「スゴすぎる」人たち結構いますよね。問題読み終わる前に答えちゃう。これじゃあ番組成立しないですよね。見ている側は「すごーい!」って言って終わる…。思わず苦笑。もうお茶の間のオバちゃんの「アホやなぁ…」ってなセリフが出る余地はない。お父さんの出る幕もない。スゴすぎるわけです。

もちろんその人たちを悪く言っているのではないのです。クイズは競技。だから競技としての技術を磨こうとする人たちが出てくるのは当然のことで、数々のクイズ王たちがたくさん出てきたということは、本当に喜ばしいことなのですけど、一方で広く多くの人に見てもらうという使命を持ったテレビ番組では扱いきれなくなってしまったというのが実情ではないでしょうか?

クイズサーバーってなんだ?

さて、こんな風に日本人はクイズ好きなのではないか?とちょっとだけ分析めいたことをしてみたのですが、要するにクイズが好きというのは子供をみているとわかるような気がしています。なにか出題したい。特に言葉覚え始めた頃なんてのは、まったく意味不明でもなんでも「さてモンダイです…」とか言い出したりします。さらに、「お父さん、なぞなぞ出して!」と頼まれて、困っているお父さんたちの話を聞いたことも何度かあります。

そう、どうも、なにか出題されると答えたくなるし、知りたくなる習性みたいなものがあって、しかも、便利なことにそういう形で出題されたもので覚えた事柄は案外記憶しているというメリットもありそうです。

クイズというと最初の方に書いたようにテレビ番組の様々な演出が施されたエンターテイメントを想像される方もいるでしょうし、プレゼントなんかがもらえる懸賞のクイズを思い出される方もいるかもしれませんし、かなりイメージすることは様々なのでしょうが、私たちはひとまず「問いと答えのセット」と考えることにしています。こう考えるとパズルも、○○検定とか、脳トレとか、場合によってはテストとかもクイズのひとつと考えられます。

クイズサーバーでは「問いと答えのセット」の可能性を探ります。どんな問題(出題)だったら覚えやすいか?どんな演出をすればオモシロイか?

コミュニケーションに役立ち、教育にも、はたまたビジネスにも使えるかもしれません。いや、大いにそれらに使っていただきたいと思っています。

クイズサーバーは、できるだけたくさんの人にも使っていただければと思っています。ビジネスパーソンの情報収集にも、子育て中のお父さん、お母さんの知育教材としても、クイズ好きのちょっとマニアなお兄さんにも、忙しくって息抜きしたい受験生にも…。だから、できる限り多様な形でのコンテンツ作りを目指します。

クイズコンテンツ

ニュースを読む 時事問題クイズ 365日毎日クイズ 毎日更新! 面白い雑学クイズクイズ 体験レポート型クイズ ビックリQ! ストロングブレイン クイズ作家の秘密の小部屋 野球通 野球付きのためのマニアな検定 Q WORD 話題のキーワードをちょっとだけ掘り下げたクイズ クイズ作家オバヤシ入魂の問題!とくとご覧あれ。 QUIZ-O!(クイズオー) クイズ!トップ企業の頭脳に挑戦!! VOCALOID検定 オリンピック検定 スターウォーズ検定 天才!こどもクイズ 天才!こどもパズル
  • VOCALOID検定(ボカロ検定) MMQ(Miku Miku Quiz)
  • 野球通 野球日本代表・侍ジャパン検定
  • 小さなピースで作る大きな世界! レゴに関するクイズ
  • フライパンの呪い かわいそうななぞなぞさん
クイズ・パズル・検定の制作のご相談はこちら
go to TOP